令和4年度の労働保険年度更新 概算保険料の記入方法にご注意を

5月もあっという間に月末、

そろそろ、今年も緑の封書、青い封書が事業所に届く時期になりました!

令和4年度の年度更新の申告書は、記入方法が一部変更となっていますので、注意が必要です。

今回は、「概算保険料(雇用保険分)」の記入ポイントについてお伝えします。

令和4年度の年度更新で用いる「労働保険 概算・増加概算・確定保険料 申告書」への概算保険料(雇用保険分)の記入にあたっては、

申告書に付いてくる「確定保険料算定基礎賃金集計表」に設けている

『概算保険料(雇用保険分)算定内訳』を用いて算出した額を転記することとされています。

下記図が、「確定保険料算定基礎賃金集計表」の該当部分です。

 

★令和4年4/1~9/30までの期間と令和4年10/1~令和5年3/31の2期間に分けて算出、記入します。

★③欄(ハ)、(ニ)「保険料率」については、①区分の適用期間中の雇用保険料率を記入します。

★(ホ)+(へ)の合計値を申告書の該当欄(⑭欄(ホ))へ転記します。

今年度は、4月の変更に加え、10月にもう一度「雇用保険の料率」が変わります。

そのため、2期間に分けた計算が必要になりました。

雇用保険の料率変更も押さえておきたいですね。

年度更新について、何か不明な点などありましたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら↓↓
お問い合わせフォーム

 

関連記事

  1. つわりのため労働日数を少なくしたい・・・こんなときどうする?…

  2. 【助成金】小学校休業等対応助成金・支援金再開

  3. 【2021.1.1法改正】子の看護休暇・介護休暇の時間単位取…

  4. 【法改正】育児・介護休業法 令和3年改正

  5. 【2021.1.1法改正】子の看護休暇・介護休暇の時間単位取…

  6. 【助成金】小学校休業等対応助成金・支援金再開 Part2

PAGE TOP