コスト?プラスを生む環境作りのヒント

こんにちは、想いをカタチにする社会保険労務士の田村由理です。

三沢・十和田では、開花予測よりも早く、開花宣言🌸となりましたね!今週末は満開でしょうか?楽しみです♪

さて、本日は、人件費について考える内容で発信いたします。

突然ですが、問題です!

【問題】
「月給30万円の従業員を一人採用する場合、その方の人件費を吸収するために、会社は年間どのぐらいの売上高増が必要でしょうか?」

①付加価値(粗利益と考えます)は、売上げ高の約25%
②労働分配率は、付加価値の約50%
③人件費に配分される総額人件費は月給の約1.7倍

この前提で考えてみましょう!
(問題を考える前提を平均的な企業とします。)

 

すると、どんな数値が出てきますか?

・・・・・

答えは、

「約5,000万円」です。

この数値を見てどんな感じを得ますか?

新しい方一人を雇うのに必要な売上高増は、年5,000万円かかる計算なんですね。

計算式は、こちら。
30万円×1.7倍×12カ月=612万円(年間総人件費)
612万円÷50%(労働分配率)÷25%(対売上粗利益率)=48,960,000円→約5,000万円

なかなかの金額だなと感じます。

人を増やしたい・・

でもコストが・・

ここ悩みに悩むポイントではないでしょうか。

では、ちょっと視点を変える質問です!

「どんな会社にしたいですか?」

「どんな人と一緒に働いていきたいですか?」

「従業員にどんな風に働き続けてほしいですか?」

 

どんなイメージが広がりますか?

 

このような質問を経営者様にさせていただくと、

ワクワク、プラスのイメージを答えてくださいます。

人の採用や育成は費用がかかります。

でも、新しいつながりからプラスが広がる可能性もあります。

従業員一人ひとりが力を発揮でき、プラスを生む循環サイクルができたら、

採用コストの見え方が少し変わってくるのではないでしょうか?

弊所では、「経営者様の想い」を大切にしています。

経営者様お一人で従業員全員の給料を決めるには、たくさんのエネルギーがかかります。

使い続けやすい制度があったらいかがでしょうか?

制度設計について、一緒に考えてみませんか?

普段感じているお困りごと、
お気軽にお問い合わせください。
↓↓
お問い合わせフォーム

何か解決のヒントになるきっかけになると嬉しく思います。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 【2021.1.1法改正】子の看護休暇・介護休暇の時間単位取…

  2. 育児休業から復帰したときの月額変更

  3. 労働保険の申告を電子申請にしてみませんか?

  4. 【法改正】育児・介護休業法 令和3年改正

  5. 振替休日と代休は何が違うの?

  6. 年末調整がよくわかるページ

PAGE TOP