労働保険の申告を電子申請にしてみませんか?

年に1回の労働保険の申告手続きでこのようなお悩みはありませんか?

✅管轄の労働基準監督署、労働局が離れた場所にあるので、行くのに時間がかかる。

✅届出書類の作成が手間で、申請書類の記入、チェックに時間がかかる。

✅届出のための交通費・手数料・人件費等にコストがかかる。

このようなお悩みは、電子申請で解決します!

電子申請に必要な準備は、3ステップ。

1.電子証明書の取得(またはgBiZIDプライムアカウントの取得)

2.パソコンの環境設定

3.電子申請アプリケーション(無料)のインストール

いままでは、gBiZIDで年度更新の電子申請ができませんでしたが、

令和3年の年度更新(労働保険の申告)から、gBiZIDで電子申請ができるようになりました!

電子証明書の取得に手間とコストがかかるという理由で、労働保険の電子申請をためらっていた方は、次年度の年度更新から、電子申請で申告をしてみませんか?

「電子申請の概要説明」「電子申請の初期設定」無料で行う、アドバイザー訪問事業がありますよ!

現在、私もアドバイザーとして青森県、岩手県、秋田県エリアを担当しております(^^)/

「自分で一度やってみたけれども、ポップアップブロックの解除の仕方がわからず環境設定から進めなかった」

「電子証明書とgBiZIDの違いがわからず、どちらを準備していいのかわからなかった」

「アプリのインストールが自分ではうまくいかなかった」

「サイトを見ても難しく感じた」

訪問をさせていただく事業所様はこのようなお悩みを持っていらっしゃり、アドバイザー訪問事業を申し込まれる方が多いです。

お時間は、30分~1時間半です。手間とコストのお悩み、解消しませんか?

来年の年度更新まで、まだ時間はたっぷりありますが、早めに準備をして、来年は、監督署や労働局に出向くことなく、自分のオフィスからサクっと申請を済ませませんか?

訪問アドバイザー事業のご案内とお申込みは、こちらです↓↓

リーフレット

お申込みフォームのサイト

電子申請の概要説明と初期設定のサポートをお手伝いさせていただきます♪

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 育休中の従業員が続けて第2子を出産するときの手続きは?

  2. 特別休暇とは?

  3. 【2021.1.1法改正】子の看護休暇・介護休暇の時間単位取…

  4. 育児休業から復帰したときの月額変更

  5. 就業規則を作成する理由は何ですか?

  6. 【助成金】小学校休業等対応助成金・支援金再開

PAGE TOP